a

システムの寿命とは…

太陽光発電システムは、一度設置するとずっと使い続けていくものになります。
費用が高額なこともありますし、取り付けたり取り外したり、というのも業者に依頼をしなくてはいけませんので手間がかかります。
一度取り付けたものがどれくらいで寿命を迎えてしまうものなのか、ということも気になります。
太陽光発電システムで、一番故障が気になるのが、太陽光パネルなのではないでしょうか。
このパネルはシリコンで作られていて、このシリコン自体は、半永久的に使えるものだとされています。
また、パネルの表面は強化ガラスで覆われているので、腐る・カビるなどの心配もありません。
メーカー各社は、期待寿命として20年以上という数字を挙げていますし、一度導入してしまえば、壊れにくいものだといえるでしょう。
とはいうものの、数年に一度くらいは、清掃もかねて、問題がないかどうかをチェックしてもらうと安心ですね。
太陽光発電システム内には、電力の変換装置として、パワーコンディショナが搭載されています。
こちらのほうは、10~15年ほどが寿命であると考えられています。
年数を過ぎれば、補修したり交換したりといった作業が必要となります。
もちろんこれらの作業には費用もかかります。
パワコンを交換するとなると、20~40万円前後のお金がかかることもあります。
保証期間が設定されている商品も多いので、積極的にそうしたものを選ぶようにしましょう。
10年保証がついているという商品も珍しくありませんが、こうした製品を使っていて10年以内で故障してしまったような場合には無償で修理してもらえることになります。
高価なシステムなので、こうした「安心」も大事なものですね。
保証条件として、「メーカー認定を受けている設置業者が施工したものであること」といった場合もあるので、よく確認するようにしましょう。
こうした各機器の寿命についても頭に入れたうえで、初期費用の回収プランについても考えていきたいですね。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>