成功させよう

ソーラーパネルを自宅屋根に設置して、太陽光発電を導入し、オール電化住宅に変えると、光熱費が9割も節約できると言われています。
イニシャルコストは高くても、10年しないうちに元がとれる計算です。
電力を節約するだけでなく、自宅で発電してしまう創電はまさしく、今後のトレンドでしょう。null
大金をはたいて太陽光発電を導入したものの、話が違う、失敗してしまったという事例は割に多いものです。
技術や経験が豊かでない施工業者を選んでしまったり、予備知識が不足していたことも原因と言えるでしょう。
まず、依頼する販売店や施工業者は経験が多く、信頼できる会社を選択するのが第一歩です。
ソーラーパネルを設置する為には、屋根の強度の問題が、大きく関わってきます。
これを考慮せずパネルを設置してしまえば、ひずみが出来て、家を傷めてしまったり雨漏り被害が発生することがあります。
また、ソーラーパネルは日当たりの良い南側の屋根に据え付けるのが基本です。
北側は論外で、東や西側は南側に比べ15%程度発電量が落ちてしまいます。
方角が正しくても、陰になってしまっていて太陽光があたらなければ、元も子もありません。
冬場の気温が低い北国でも太陽光発電は可能です。
気温が低くても問題は全くなく、むしろ有利ですらありますが、積雪でソーラーパネルが雪に覆われてしまえば、これは発電の妨げです。
このような問題にも対応策はあるのですが、知識経験の蓄積のない業者では、大失敗に繋がってしまいます。
太陽光発電に変えるのなら、依頼する会社の選択から慎重に始めましょう。