自然を守る取り組みとしての太陽光発電

新潟市には豊かな自然があります。
山が特に美しいです。
季節により表情を変えるので一年を通して見所があります。
気軽にできるトレッキングや本格的な登山をするために山へ行くのには、自動車が必要になります。
街へ買い物に出かけるのにも自動車が必要になるのです。
近年では自動車は便利な交通手段として、一人に一台所有されているともいわれています。
しかしガソリン使用量も平行して増加していることになります。
限りある資源が侵食されているのです。
そして自動車からは、二酸化炭素が多く大気中に流れ出ています。
二酸化炭素はオゾン層を破壊します。
オゾン層が破壊されると、紫外線が増加するのです。
皮膚ガンや白内障の発生率があがったり、生態系に悪影響がでてきます。
住みやすい世の中になる代償に、地球に大きな負担がかかってしまっているのです。
そんな現状を深く理解している新潟市では、常にどうしたら二酸化炭素の流出をおさえられるのかということについて考えています。
二酸化炭素が発生するのは自動車のせいだけではないのです。
暮らしのさまざまな場面で使う電気、それをつくる過程でも発生しているのです。
東北の電気は火力発電を頼っています。
火力発電は重油や天然ガスを燃料にしています。
その燃料が燃えて二酸化炭素が発生するのです。
そのため太陽光発電が注目されはじめています。
これは家庭でもできる発電方法でもあります。
屋根の上にソーラーパネルを置き、太陽の光をエネルギーにするので、二酸化炭素が発生しないのです。
ソーラーパネルはいくつかの半導体を並べてつくらています。
半導体が太陽の光を浴びて電流を流して電気を発生させているのです。
発生させる機能しか付いていないので、他の器械の力を借りて電気をつくります。
これを応用したのが太陽電池です。
それにより最近ではソーラーカーが開発されて、こちらも注目を集めています。
できることからはじめて、美しい自然を守っていきましょう。