雪国の太陽光発電

太陽光発電は再生エネルギーとして、また売電による経済的なメリットなど、いろいろなメリットがあります。
無限の太陽光を利用できることによって、理論上電気エネルギーを無限にそしてタダで利用できるのです。
しかし、地域によって日照量に差があることも事実です。
それによって一日の発電量に若干の差があることもまた事実です。
しかしながら、日照量に差は最大で25%くらいの差です。
これは決定的な差ではありません。
また技術の進歩によってある程度それは解決できます。
新潟市で太陽光発電を行なう場合、設置に関しての補助金などいろいろメリットがあります。
確かに日照量に関しては、日照量が多い地域と言うことではありません。
また雪に関してですが、新潟市は積雪は少なく屋根の雪などはほとんど影響しないと言っていいでしょう。
太陽光発電の雪対策は、設置の角度を調整して雪が落ちるようにしているそうです。
太陽光発電が稼働しだすと雪が解けて屋根を滑り落ちるそうです。
新潟県人は逆にこの特性を使って、屋根の雪下ろしから解放されると言えます。
欠点もメリットになるという典型ではないでしょうか。