太陽光発電と新潟市の雪

太陽光発電といいますと、気になってしまうのが雪という存在です。
雪についてなのですが、太陽光発電にとりましては大的な存在になります。
雪が積もってしまいますと、さすがの太陽光発電も発電能力が著しく低下をしてしまっています。
積もってしまいますと「実質的に夜と一緒の状態でほとんど発電ができなくなる可能性もあります。null
それでは太陽光発電の意味もなくなってしまうといえるでしょう。
そこで太陽光発電システムと雪なのですが、例えば雪がたくさん降る新潟市はどうなのか、とも思う部分です。
そのような新潟市の場合なのですが、実は太陽光発電は可能です。
新潟市は雪はたくさん積もるのですが、それほど長期間積もっていることが多くありません。
よっぽどの豪雪地帯でなければ太陽光発電システムは機能をしていくものになっています。
安心して新潟市のほうでも太陽光発電システムを活用していくべきです。
ちなみに一つの基準として積雪が1メートル50センチを超えなければ発電はある程度していける、というようなことも言われています。