太陽の光はエネルギーの源

寒い地方では暖を取らねばなりません。
新潟市は豪雪の街とも知られていて、暖をとるにも光熱費用がバカになりません。
補助のお金が出ていても、賄えるほどのものでなし。
ゆえに、寒い地方の人は少しでも光熱費用を軽減するために、自然の力を
借りた太陽光発電の設置をする家庭も増えています。
床暖房などをすれば、普通のお宅よりも光熱費用はかかります。
ゆえに、太陽光発電を設置することで、毎月の光熱費用を軽減することが可能になるのです。
太陽の光こそ、エネルギーの源になり、生活を支えてくれる電気と変化します。
自然にも配慮され、CO2削減にもなります。
太陽の光を使用して、電気を発電させることで、光熱費用を減らすこともできます。
蓄電機能を搭載していれば、夜でも使用できますし、停電した際には非常用電気としても活躍します。
余った電気は、電力会社へ売電すればいいのです。
光熱費用も軽減され、また環境にも配慮され、余った電力は売電もできる多機能性を持っています。