新潟市で設置する

父親の仕事を継ぐために家族揃って実家のある新潟市に引っ越しをすることが決まり、それと同時に自宅を新築することになりました。
その時に考えたのは新築住宅に太陽光発電を設置する事です。
null今は電力にいろいろと不安のある時なので、自宅で発電をすることができればいざという時に役に立つと思いましたし、何よりも設置に際しては国からの補助金が出るという事だったので、初期費用は多少かかるとしてもそれから何年も利用をする電気代の事を考えれば太陽光発電を設置しておくことも決してマイナスにはならないだろうと考えたからです。
四国生まれの妻は、日本海側は日差しが少ないのではないか?と不安を抱いていたようですが、そんな心配はなく、新潟市でもしっかりと太陽光発電を設置することができ、それによって電力を賄う事が出来るという事でしたので、建設会社の説明を聞いて妻も納得をしたようです。
太陽光発電を設置した新築住宅は2ヶ月後に完成予定で、それから引っ越しし、そして家業を継ぐことになり、私と私の家族の生活は、新しく新潟市で始まる事となます。