長岡市を世界一クリーンな街に

2010年に長岡市はバイオマスタウン構想を打ち出しました。
バイオマスをエネルギーなどに転換してクリーンな街づくりを実現させようというものです。
バイオマスとは廃材や残飯、廃油といった使わなくなったものを別の形にして利用していくというものです。
このことからもわかるように、クリーン活動に熱心な地域であります。
そのクリーンな街づくりに必要なのは決してバイオマスだけではありません。
太陽光発電もクリーンな街づくりには欠かせないものの一つと言っても過言ではないでしょう。
太陽光発電はバイオマス発電と同様に、資源を無駄遣いすることなく大切に利用し続けることができるからです。
双方ともにデメリットがありますが、それをお互いがカバーしてくれるため、デメリットが弱めることができます。
だからこそ、自宅に太陽光発電を発電を導入し、町を挙げて、両方を活用した街づくりをしていけば、日本一ではなく世界一のクリーンな街として知れ渡ることができるのだと思っています。