新潟で太陽光発電を設置する際に気になること

新潟で太陽光発電を設置するにあたり、気になることはどんなことでしょうか?
懸念点をここで解消しちゃいましょう。
まず、中越地震を経験していますから、地震への耐震性が気になります。
屋根の上に重たい設備を載せることで、家屋の耐震性に影響するという話もありますが、本当でしょうか?
この点、太陽電池モジュールや取り付ける架台の重さは300キロから400キロ前後です。
これは、同じ面積の和瓦の重量と比べても1/4~1/5の重さしかありません。
基本的に昭和56年以降の新耐震基準で建った家ならば、大きな不安を感じる必要はありません。
また、屋根や家屋の構造まで把握した業者であれば、ねじれや振動についても強度計算を行ったり、試験を行って十分に検討したうえで設計してくれるので、より安心です。
また、雪国の新潟においては、雪の重みでパネルが壊れないかや、湿気で設備が錆びないのかも気になります。
この点、太陽光パネルは強化ガラスでコーティングされており、外枠や架台なども錆びに強い素材でできているので、基本的に問題ありません。
雪国仕様の設備もありますし、最近の設備は通常仕様でも雪などの厳しい環境に耐えられるように開発されたものが増えているので安心です。
最後に、太陽光発電設備を設置すると夏は涼しく、冬は断熱効果があるのは本当でしょうか?
屋根置き型の場合、2重に屋根を設置したような遮蔽効果が発揮されます。
このため、夏は室内温度の上昇を抑え、冬は放射冷却による室内温度の低下を抑えてくれるので、冷暖房費用の節約に繋がります。
寒い新潟では特に冬場の断熱作用は嬉しいですね。

get( 'keyword', 3 ) ?>
get( 'comment', 3 ) ?>