メンテナンスって必要なの?

太陽光発電システムを導入するときに気になるあれこれを紹介しています。
導入した後のメンテナンスについても気になるところではないでしょうか。
太陽光発電のために必要なパネルは、屋根の上に設置されるもので、普段近くでじっくりとみるようなことはほとんどないでしょう。
が、雨や雪などにもさらされるわけですし、導入時にかかるお値段のことを考えると、「メンテナンスはどのようにしていったらいいのか」「またその費用はどれくらいかかるのか」と気になってしまいそうです。
太陽光発電システムのメンテナンスは、基本的に不要とされています。
屋根に設置されているパネルにほこりがたまったり、汚れがついたりすることで、発電効率が落ちるのでは・・という不安も持ってしまいそうですが、たいていの場合、そうした汚れは雨で洗い流されるようです。
つまり、発電に影響するような汚れは、基本的に溜まらない、ということになります。
が、油汚れなどの場合は雨だけでは汚れが落ちません。
日本品質保証機構の実験結果からみると、太陽光発電システムは、年間1%~2%程度、汚れによって発電効率が低下するというデータが出ているようです。
年数が経つにつれて、そうした汚れが積み重なっていくことを考えると、やはりきちんと清掃し、メンテナンスをすることも大切なのでは、と感じます。
専門の業者に設備の点検もかねて、清掃を行うのが望ましいでしょう。
業者によっては、設置後の定期点検やメンテナンスをパックにした費用で提供しているところもあります。
自分ではなかなかチェックできないものだからこそ、そうした点検をしてもらえると、安心して使用ができそうですね。
最初の業者選びの際に、そうした後々のメンテナンスについても考慮した選択をするとよいのではないでしょうか。
また、時間が経過すると、周囲の環境も変わっていくものです。
以前はまだまだ背丈の小さかった木が、今ではすっかり大きくなって、パネルに影を落とすようになった、ということも考えられます。
そうしたパネル以外の点でも注意が必要です。

get( 'keyword', 2 ) ?>
get( 'comment', 2 ) ?>