太陽光発電は導入前が勝負! 購入後、後悔しない為に事前にしっかり調べましょう Fri, 24 Oct 2014 07:59:33 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=4.0.11 太陽光発電の購入価格を抑える方法 /anshin-hatsuden/kakakuosaeru/ /anshin-hatsuden/kakakuosaeru/#comments Sun, 02 Feb 2014 17:29:32 +0000 /?p=65 太陽光発電の購入価格を抑えたい人へ、100万円安くなるといえば信じてもらえないでしょう。
また、電話で営業する業者などは、相場よりも明確に高額で販売したりしてます。
では、どうしてこのような状態が起きてるのかというと、販売されてる値段が一定ではないからです。
パネルの種類・大きさに拠って変動するので、一般消費者へは適正な値段が判らないのが原因でしょう。
さて、営業マンが売り込みをする時に、今はキャンペーン期間ですから買えば得ですよ、などという場合があります。
しかし、そういわれても、いくつもの業者から見積もりを取った方がいいです。
高額な品物を買う時は、これが確かな方法でしょう。
ところで、営業マンの話が本当かどうかインターネットで調べたところ、価格差が数十万円あったという話を聞きます。
これは、実際に試した人がいて、安いといわれた見積もりよりも、インターネットの一括見積もりをしたところ、80万円は安い見積もりが出たというのです。
では、どうしてこのような結果が出るのかというと、インターネットの見積もりは業者が競争をするので、こういいった結果が起こります。
一括見積もりの場合、値段競争となるのです。
ですから、近所の販売店・量販店などよりも、数十万円は安いのが普通となります。
それに、見積もりをしてもらっても無料です。
尚、太陽光発電の購入価格を抑えたいのであれば、インターネットの一括見積もりを利用して下さい。
これ以上、安い金額で購入できるところはないでしょう。

]]>
/anshin-hatsuden/kakakuosaeru/feed/ 0
新潟で太陽光発電を設置する際に気になること /niigata-hatsuden/kininarukoto/ /niigata-hatsuden/kininarukoto/#comments Mon, 16 Dec 2013 13:51:38 +0000 /?p=61 新潟で太陽光発電を設置するにあたり、気になることはどんなことでしょうか?
懸念点をここで解消しちゃいましょう。
まず、中越地震を経験していますから、地震への耐震性が気になります。
屋根の上に重たい設備を載せることで、家屋の耐震性に影響するという話もありますが、本当でしょうか?
この点、太陽電池モジュールや取り付ける架台の重さは300キロから400キロ前後です。
これは、同じ面積の和瓦の重量と比べても1/4~1/5の重さしかありません。
基本的に昭和56年以降の新耐震基準で建った家ならば、大きな不安を感じる必要はありません。
また、屋根や家屋の構造まで把握した業者であれば、ねじれや振動についても強度計算を行ったり、試験を行って十分に検討したうえで設計してくれるので、より安心です。
また、雪国の新潟においては、雪の重みでパネルが壊れないかや、湿気で設備が錆びないのかも気になります。
この点、太陽光パネルは強化ガラスでコーティングされており、外枠や架台なども錆びに強い素材でできているので、基本的に問題ありません。
雪国仕様の設備もありますし、最近の設備は通常仕様でも雪などの厳しい環境に耐えられるように開発されたものが増えているので安心です。
最後に、太陽光発電設備を設置すると夏は涼しく、冬は断熱効果があるのは本当でしょうか?
屋根置き型の場合、2重に屋根を設置したような遮蔽効果が発揮されます。
このため、夏は室内温度の上昇を抑え、冬は放射冷却による室内温度の低下を抑えてくれるので、冷暖房費用の節約に繋がります。
寒い新潟では特に冬場の断熱作用は嬉しいですね。

]]>
/niigata-hatsuden/kininarukoto/feed/ 0
太陽の光はエネルギーの源 /niigata-hatsuden/taiyouene/ /niigata-hatsuden/taiyouene/#comments Sat, 30 Nov 2013 13:50:39 +0000 /?p=59 寒い地方では暖を取らねばなりません。
新潟市は豪雪の街とも知られていて、暖をとるにも光熱費用がバカになりません。
補助のお金が出ていても、賄えるほどのものでなし。
ゆえに、寒い地方の人は少しでも光熱費用を軽減するために、自然の力を
借りた太陽光発電の設置をする家庭も増えています。
床暖房などをすれば、普通のお宅よりも光熱費用はかかります。
ゆえに、太陽光発電を設置することで、毎月の光熱費用を軽減することが可能になるのです。
太陽の光こそ、エネルギーの源になり、生活を支えてくれる電気と変化します。
自然にも配慮され、CO2削減にもなります。
太陽の光を使用して、電気を発電させることで、光熱費用を減らすこともできます。
蓄電機能を搭載していれば、夜でも使用できますし、停電した際には非常用電気としても活躍します。
余った電気は、電力会社へ売電すればいいのです。
光熱費用も軽減され、また環境にも配慮され、余った電力は売電もできる多機能性を持っています。

]]>
/niigata-hatsuden/taiyouene/feed/ 0
冬場の長い新潟でも、太陽光発電はお得! /niigata-hatsuden/huyutoku/ /niigata-hatsuden/huyutoku/#comments Sun, 27 Oct 2013 13:51:10 +0000 /?p=60 私の実家は新潟にあります。
新潟平野と呼ばれる広い水田地帯の中にあり、
遮るものなくたっぷり陽射しが注ぐいいところです。
もともと農家だった実家の家は屋根も大きくて、
これは太陽光発電するのにぴったりだぞと、ずっと思ってきました。
そんな風に太陽光発電に関心をもったのは理由があるのです。
新潟は雪国です。
11月にもなればすべての車がスノータイヤに履き替え、
その年によっては4月半ばまで付けていることもあります。
つまり、他県よりも冬が長いのです。
当然、冬の間は家じゅうで暖房を使うので、電気代がとてもかかります。
それなのに電気代の値上げなんてニュースを見たら、
ちょっとは考えてしまいますよね。
この不況で、私たちの世代は安月給ですから、
光熱費とはいえばかにならないんです。
親の、そのまた親から受け継いできた古い家なので
リフォームもしなければなりませんし、ちょうどよい機会かなと思いました。
リフォームを相談した時に、電気機器も扱う工務店の方にも
背中を押してもらいました。
こんな寒い地方で太陽光発電なんて損なだけじゃないかと、
初めのうちは私も疑念をぶつけていたんです。
だけど、寒さは発電には関係なく、むしろ気温が上昇すれば
モジュールの発電効率が下がるため、暑い日が長く続く地域より、
寒冷地のほうが有利だと教わりました。
さらに、一年を通してみると東京とさほど日射量に差はなく、
高い建物も少なく、陽射しを受ける割合の高い新潟のほうがいいくらいじゃないかとも。
それで、太陽光発電に対する興味も強くなったんですね。
行政からの補助金もあるし、始めにかかる費用だって長い目で見ればペイできる…。
実際にシミュレーションしていただいたら、
一年にかかる電気代の2/3くらいは賄えそうでした。
それに加えて余った電気は、売電してもうけも出ると。
なるほど、寒冷地なのに、意外と太陽光発電をやっている人が多いのもうなずけると、
ナットクしてしまいましたよ。
気を付けなければならないのは、雪が積もってパネルを覆い隠してしまわないよう、
設置する時に角度を付けるなり工夫することでした。
その辺は、工務店さんがしっかり指示してくれるそうで安心です。
これで光熱費も、来年からはずいぶん抑えられそうです。
新潟の冬も、もう怖くないかな。

]]>
/niigata-hatsuden/huyutoku/feed/ 0
長岡市を世界一クリーンな街に /niigata-hatsuden/nagaoka-sekaiiti/ /niigata-hatsuden/nagaoka-sekaiiti/#comments Sun, 08 Sep 2013 13:47:31 +0000 /?p=58 2010年に長岡市はバイオマスタウン構想を打ち出しました。
バイオマスをエネルギーなどに転換してクリーンな街づくりを実現させようというものです。
バイオマスとは廃材や残飯、廃油といった使わなくなったものを別の形にして利用していくというものです。
このことからもわかるように、クリーン活動に熱心な地域であります。
そのクリーンな街づくりに必要なのは決してバイオマスだけではありません。
太陽光発電もクリーンな街づくりには欠かせないものの一つと言っても過言ではないでしょう。
太陽光発電はバイオマス発電と同様に、資源を無駄遣いすることなく大切に利用し続けることができるからです。
双方ともにデメリットがありますが、それをお互いがカバーしてくれるため、デメリットが弱めることができます。
だからこそ、自宅に太陽光発電を発電を導入し、町を挙げて、両方を活用した街づくりをしていけば、日本一ではなく世界一のクリーンな街として知れ渡ることができるのだと思っています。

]]>
/niigata-hatsuden/nagaoka-sekaiiti/feed/ 0
売電が省エネ意識に拍車をかける /anshin-hatsuden/syoueneni/ /anshin-hatsuden/syoueneni/#comments Sat, 17 Aug 2013 07:11:38 +0000 /?p=56 太陽光発電のシステムを導入して気が付いたのは、以前にも増して省エネ意識が高まったことです。
元々電気料金を下げる目的でシステムを導入したのです。
しかし、使ってみると無駄に電気を使ってないか常に調べるようになりました。
それは消費している電力量と、売電している電力量がモニターで逐次見られるからです。
売電したいがために、家族全員が消費を抑える方向に向かったのです。
消費電力量が多いと、家の中をくまなくチェックします。
消し忘れがあれば消し、コンセント刺さったままの家電を見つけると外し、再び売電の様子をモニターで確認するのです。
すると、少し売電電力量があがります。
使う家電も気を使いました。
使用がやむを得ない家電については、省エネタイプの電源タップに切り替えました。
使ってなければ、電源タップのスイッチで電気を落とします。
また、それぞれの家電の消費ワット数を調べ、消費電力量が多いものは思い切って買い換えたのです。
消費電力の高いものは、使う可能性があっても外し、物置の隅に押し込みました。
お陰で今では、満足のいく売電をしています。

]]>
/anshin-hatsuden/syoueneni/feed/ 0
業者を比較しよう /seikou-sasetai/gyosyahikaku/ /seikou-sasetai/gyosyahikaku/#comments Sat, 06 Jul 2013 02:25:31 +0000 /?p=55 太陽光発電は初期費用に高額なお金がかかります。
だから絶対失敗はしたくないですよね。
そこで一番大事なのは、太陽光発電の業者を比較するという事です。
もちろん料金も業者によって全然違うので、比較することでより安価なところを選ぶことができます。
しかし安価だからといって、粗悪な太陽光パネルなどをつけられたりしたら大変です。
じつは太陽光パネルといっても様々な種類があるんです。
当然安価で雑な作りのものも存在しているわけですね。
値段だけでなく、使用する機材についても比較する必要がありますね。
また太陽光パネルはいいものだけど、工事が手抜きだったり雑だったりと
悪質な業者もいるようです。
ですから評判のいい業者を見つけることが大事なんです。
インターネットでは最近、太陽光発電の業者を比較したサイトや
太陽光発電の業者の口コミサイトなんかもあるみたいですよ。
そういう便利なサイトを活用して、失敗しない太陽光発電業者を選びたいですね。

]]>
/seikou-sasetai/gyosyahikaku/feed/ 0
雪国の太陽光発電 /niigata-hatsuden/yukigun/ /niigata-hatsuden/yukigun/#comments Wed, 19 Jun 2013 02:21:33 +0000 /?p=54 太陽光発電は再生エネルギーとして、また売電による経済的なメリットなど、いろいろなメリットがあります。
無限の太陽光を利用できることによって、理論上電気エネルギーを無限にそしてタダで利用できるのです。
しかし、地域によって日照量に差があることも事実です。
それによって一日の発電量に若干の差があることもまた事実です。
しかしながら、日照量に差は最大で25%くらいの差です。
これは決定的な差ではありません。
また技術の進歩によってある程度それは解決できます。
新潟市で太陽光発電を行なう場合、設置に関しての補助金などいろいろメリットがあります。
確かに日照量に関しては、日照量が多い地域と言うことではありません。
また雪に関してですが、新潟市は積雪は少なく屋根の雪などはほとんど影響しないと言っていいでしょう。
太陽光発電の雪対策は、設置の角度を調整して雪が落ちるようにしているそうです。
太陽光発電が稼働しだすと雪が解けて屋根を滑り落ちるそうです。
新潟県人は逆にこの特性を使って、屋根の雪下ろしから解放されると言えます。
欠点もメリットになるという典型ではないでしょうか。

]]>
/niigata-hatsuden/yukigun/feed/ 0
新潟県の太陽光発電設備設置で 失敗しない為に /seikou-sasetai/sippaisinai/ /seikou-sasetai/sippaisinai/#comments Wed, 08 May 2013 13:21:23 +0000 /?p=51 新潟県で太陽光発電システムを設置した人は、見積もりをひとつの業者で済ませた人が多いといいます。
太陽光発電システムを設置する場合は、なるべく沢山の業者から見積もりを取るようにしなければ、いけません。
どうしてかというと、業者によっては見積もりが、何十万円も違うからです。
これは、太陽光発電システムの、取り付け方法によるものなんです。
太陽光パネル自体は、メーカー価格がありますから、金額がハッキリしてます。
しかし、設置費用となると、相場というものも出せないんです。
個別で設置費用を見積もりますから、いわば業者の胸ひとつという金額になります。
だから、地元の業者だからと安心しないで、適正な見積もりをして貰いたいならば、複数の業者へ依頼した方が良いんです。
そして、太陽光発電のメーカーが増えて来てる現在、価格が低下し始めてます。
インターネットでも調べられるんですが、見積もりも出来るようになってるんです。
ネットでは、簡単に見積もりが出来ます。
その金額と、地元の業者が出した見積もりとでは、80万円以上も違ってたという実例があるので、こんな失敗を避ける為にも、自分でもネットで見積もりをしてみるべきです。
また、補助金の計算なども、自分で直に自治体へ訊いて措いた方が良いでしょう。
そうする事で、安心な太陽光発電設備を持てます。
尚、補助金の申請期間も、予算がなくなれば終了するんです。
その為、最新の情報を得なければなりません。

]]>
/seikou-sasetai/sippaisinai/feed/ 0
自然を守る取り組みとしての太陽光発電 /seikou-sasetai/mamorutorikumi/ /seikou-sasetai/mamorutorikumi/#comments Fri, 05 Apr 2013 13:20:13 +0000 /?p=50 新潟市には豊かな自然があります。
山が特に美しいです。
季節により表情を変えるので一年を通して見所があります。
気軽にできるトレッキングや本格的な登山をするために山へ行くのには、自動車が必要になります。
街へ買い物に出かけるのにも自動車が必要になるのです。
近年では自動車は便利な交通手段として、一人に一台所有されているともいわれています。
しかしガソリン使用量も平行して増加していることになります。
限りある資源が侵食されているのです。
そして自動車からは、二酸化炭素が多く大気中に流れ出ています。
二酸化炭素はオゾン層を破壊します。
オゾン層が破壊されると、紫外線が増加するのです。
皮膚ガンや白内障の発生率があがったり、生態系に悪影響がでてきます。
住みやすい世の中になる代償に、地球に大きな負担がかかってしまっているのです。
そんな現状を深く理解している新潟市では、常にどうしたら二酸化炭素の流出をおさえられるのかということについて考えています。
二酸化炭素が発生するのは自動車のせいだけではないのです。
暮らしのさまざまな場面で使う電気、それをつくる過程でも発生しているのです。
東北の電気は火力発電を頼っています。
火力発電は重油や天然ガスを燃料にしています。
その燃料が燃えて二酸化炭素が発生するのです。
そのため太陽光発電が注目されはじめています。
これは家庭でもできる発電方法でもあります。
屋根の上にソーラーパネルを置き、太陽の光をエネルギーにするので、二酸化炭素が発生しないのです。
ソーラーパネルはいくつかの半導体を並べてつくらています。
半導体が太陽の光を浴びて電流を流して電気を発生させているのです。
発生させる機能しか付いていないので、他の器械の力を借りて電気をつくります。
これを応用したのが太陽電池です。
それにより最近ではソーラーカーが開発されて、こちらも注目を集めています。
できることからはじめて、美しい自然を守っていきましょう。

]]>
/seikou-sasetai/mamorutorikumi/feed/ 0